ロータリーエンジンの仕組みと解説

ロータリーエンジンは、ドイツ人技術者のフェリクス・ヴァンケルによって制作されたのが
始まりです。ヨーロッパの多くのメーカーが量産化を目指しましたが機関内部の制作が
とても難しくどのメーカーも量産することは出来ませんでした。世界で唯一、日本の
自動車メーカーのマツダが量産化に成功しました。
通常のエンンジンは、ピストン運動によって回転動力をつくりだしますがこのエンジンは、
燃焼室に三角形状の回転機を設置して回転動力をつくりだしています。
カムシャフトなどの動力を伝達させる中間機構が必要ないためエンジンの燃焼室から
得られるエネルギーを直接回転に変えることが出来るので強力なエネルギーを発揮する
ことができます。
このエンジンは、燃焼室内部で三角形の部品を回転させて動力をえますがその部品の
制作は、高い技術が必要となります。また、燃焼室自体の気密性が低く複雑な部品を
稼働させるので各部品の強度や構造問題が多く発生し開発は困難をきわめました。
最後に特徴としては、軽量であること、大きなエネギーを生み出すことが出来ること、
振動が少なく静かである天が挙げられます、近年では、水素を燃料とした研究開発や
燃費の改善等が続けられています。