エンジンパーツ、ローターと圧縮の知識

ロータリーエンジンは通常のピストン型のエンジンとは異なり、燃焼室の中を三角形のおにぎり型のローターが回転することで回転力を発生し、これを動力とするエンジンです。爆発をそのまま回転力にする構造で、理論上は非常に効率の良いエンジンとして知られています。
三角形のローターが円形の燃焼室の中で回転する際に、円形の燃焼室の部分と三角形の辺の部分で混合気が圧縮され、その瞬間に点火することで爆発し、回転しているローターにさらに回転力を加えるという仕組みで、三角形の三辺それぞれで爆発が起きるので回転力が増すという仕組みになっています。その為、ロスが少ないのです。通常のピストン型ではシリンダーの内部で爆発しピストンを押し下げる力をクランクを使って回転運動に変換しているため、この変換の際にロスが発生してしまいます。
しかし、ロータリーエンジンは一回の回転で3度の爆発を発生させなければならないことや、回転しながら爆発させるため密閉性が保てないという問題もあり、現在の技術では非常に効率の悪いエンジンと見られています。ただし、エンジンのレスポンスは非常に良いため、高速回転型で高馬力のエンジンとして、スポーツカーやレーシングカーなどのエンジンに利用されています。

コメントは受け付けていません。